過バライ金請求 終了

最新版

利用者が5分に1人の無料サービス

\30秒診断で自分の未来を変えたい方へ!/

↓↓借金の悩みから解放されたいなら!↓↓

街角法律相談所


借入れ件数2件以上、または借入金額総額が100万円以上の方へ


過バライ金請求は「借金減額診断シミュレーター」で安心の無料診断を!!


きちんと返還手続きができる業者を選んでください!


過バライ金請求の悩みは30秒でスピード解決!


借入れ件数1件以下、または借入金が100万円未満の方はコチラ >>


過バライ金請求の終了期限って知ってますか?

過バライ金請求 終了

 

最近、テレビやラジオのコマーシャルで盛んに宣伝されているのが過バライ金請求。というのも2017年から2018年に特に過バライ金請求の権利を持っている方が時効により請求権利が終了してしまうらしいんです。

 

これは2006年に最高裁判所がグレーゾーン金利による過バライ金請求を認めたのです。それにより貸金業法でそれまでの29.2%という高金利が改められたんです。ですから改定前の高金利でお金を消費者金融会社から借り入れしたいた方がこの過バライ金請求の対象になるのです。

 

ただし、この過バライ金請求にも消滅時効というのが存在していて最終返済日から10年を過ぎると請求権が終了して時効になってしまうのです。もしあなたが過去に消費者金融会社から借り入れをしていたのであれば、過バライ金請求ができるのか今すぐに調べてください。

 

どこに聞いたらいいのかわからない、電話で聞くのはどうも。。。

 

そんな方には匿名で自分の過去の借金状況を簡単に入力するだけでわずか30秒で過バライ金があるか無料診断してくれるツールがあります。

 

↓自分の過バライ金がいくらあるのか知りたいならこちらでチェック↓

 

街角法律相談所

 

 

大手消費者金融会社が金利引き下げした時期

 

アコム、プロミス、アイフルなどの大手の消費者金融会社がグレーゾーン金利を見直し金利の改定をしたのは以下のようです。

 

  • アコムは金利引き下げを2007年6月以降に27,375%から最高金利18%に見直しました。
  • プロミスは金利引き下げを2007年12月に行い最高金利25,55%から17,8%に見直し。
  • アイフルは2007年8月以降に29.2%という高金利から20%に引き下げました。

 

大手消費者金融会社の金利引き下げは2007年内に行われているのです。

 

そのため2007年以前の高金利で借り入れした方の過バライ金請求の時効が終了してしまう可能性は、完済されている方であれば2017年か2018年になるわけです。

 

 

過バライ金請求の終了期限は2017年から2018年か?

 

グレーゾーン金利を見直した消費者金融会社から借り入れている方で2008年以降の方は過バライ金請求ができる可能性は少ないです。ただし、完済していなく借り入れしては返済を繰り返している方は、過バライ金請求の対象になりますが。。。

 

金利見直しの後に新規で借り入れしている方は過バライ金請求の対象からはずれるので、時効10年を考えると2017年から2018年を境に過バライ金の請求が終了してしまうのです。

 

ただし上記でも説明しましたが、2007年以降もずっと消費者金融会社から借り入れを繰り返している方はまだ時効にはなっていないので、請求権利が終了はしてましせん。現在も貸金業者からの借金をしている方は、早めに過バライ金請求をして楽になりましょう。

 

↓自分の過バライ金がいくらあるのか知りたいならこちらでチェック↓

 

街角法律相談所

 

 

1件からでも少額の過バライ金請求での実績のある弁護士に依頼したいならこちらです↓

 

過バライ金請求をアイフルにするときの注意とは?

過バライ金請求

 

最近のテレビやラジオのコマーシャルで盛んに宣伝されている過バライ金請求ですが、貴方が過去に消費者金融会社のアイフルから借り入れをしていたのであれば、すぐに過バライ金請求の手続きをしてください。

 

2006年の当時のグレーゾーン金利での最高裁での違法判決で金利の見直しが行われたのが2007年。特にアイフルは、大手消費者金融会社のアコムやプロミスに比較して最高29.2%という高い利子で貸し付けを行っていたのです。

 

そのツケが現在の過バライ金請求に来ています。アイフルから借り入れしていた方は高額な過バライ金請求ができる可能性がありますが、気をつけなければならないこともあります。

 

 

アイフルからの過バライ金請求は厳しい

 

アイフルに過バライ金返還請求は、サラ金業者に対する過バライ金請求の中でも最も大変なものだとのことです。わかりやすく言うと、過バライ金の返還を求めたとしても、完璧な金額を直ぐに払い込んでもらえるという状態にはないかと思われます。

 

過バライ金請求をする時には、まず、アイフルと任意の示談を行なうことになるのですが、請求する過バライ金の100パーセントを納付してくると見込みはあまりにもほとんどないというのが現況です。任意で打ち合わせをして示談をする時点においては、アイフルの提示額は過払い金の30〜60%ほどといわれているようです。

 

それに加えて、その場合でも、返戻金までの日数は3〜8か月ぐらい要されるようです。そうならないように、過バライ金の全額の返還を求めるためには、訴訟を提起して過バライ金請求を行うことが要求されます。

 

目下のところ、アイフルは、任意の交渉では過バライ金を払ってはくれないのですが、裁判所で勝訴判決を手に入れることができた場合には、判決通りの金額を判決後1か月ぐらいで返済しています。そんな意味から、アイフルに対する過バライ金請求は、受けられる額面に大きな差が出ることだと断定できますので、アイフルに過バライ金の返還を求める場合は、基本的には訴訟を提起するのが良いといえます。

 

なお、裁判で勝訴判決を手に入った場合には、過バライ金、支払日までの利子も支払ってくれます。

 

 

アイフルへの過バライ金請求は信頼できる司法書士や弁護士に依頼すべし

 

過バライ金請求は自分でも行うこともできますが、アイフルに関しては和解の交渉ではかなり低い過バライ金しか提示されませんから、専門の法律家に依頼するのがいいでしょう。

 

そのメリットは以下の3つです。

 

請求の手間と時間を短縮できる

 

過バライ金返還請求をする前提として、アイフルに対して取引履歴の提示を要求することになるのですが、単独で請求した場合にはなかなか公開してこないことがあるので気を付ける必要があります。弁護士などの 専門家が対応した場合には、あなたが請求する場合に比べてスピーディな応対をしてくれることが多いと言えるでしょう。

 

取引履歴を開示させた後は、過バライ金の金額を正しく算出することです。これを引き直し計算といいますが、あなた自身で行うことは、特に取引期間が長い場合には相当のご負荷となることが予想されます。

 

その一方、弁護士などにお願いすれば、引き直し計算も実行してもらえます。その次は、アイフルに対して過バライ金返還請求を行い、関係者と打ち合わせをしていくことになりますが、理想通りのような額面を伝えられることはなかなか想定できないでしょう。

 

駆け引きによって和解不可能な場合には訴訟を提起することになりますが、訴訟を提起するためには、訴状を作成することが必要ですし、アイフルと書面による駆け引きしなければなりません。 裁判で勝訴したとしても、アイフルは基本的に控訴してくるはずですので、12か月から1年半のに匹敵する期間は、ご自身で過バライ金返還請求のための裁判所のお手続きなどを行うことが必須であるのです。

 

弁護士など専門家に依頼した場合には、これらの面倒な手続きを基本としてすべて任せることができるのです。同様に、慣れていない手続きをあなた自身で行うよりも、弁護士に任せた方が、さっさと終了する可能性の高いではないかと考えます。

 

 

自分がアイフルに借金していたことが誰にもバレない

 

過バライ金返還請求を行なう方の中には、いくらか前お借入れがあったという経緯や過バライ金返還請求をやっているということなどを家族や周りの人に触れられたくないという方が多いのではと考えられます。

 

弁護士の専門家にお願いした状態なら、

 

  1. 以前、借金していたこと
  2. 弁護士に依頼して過バライ金請求していること
  3. アイフルや裁判所からの書類の受取場所をオフィスにしてくれる

 

を家族やご友人に誰も知らないうちにいろいろな気配りをしてくれると思います。あなた自身で過バライ金返還請求をする場合ですと、消費者金融会社や裁判所からの書面は原則的にご自分の家に送付されますので、同居する家族や知人に見られてしまうかもしれません。

 

アイフルの場合には、弁護士が裁判を訴訟している状況でおいても、あなた自身に対して特定調停に関する書面(裁判所での話合いで解決しましょうという中身の書簡。)を送り届けてくることも考えられますので、前述のようないくつもの用心を行なった場合でも、同居する家族や知人の目に触れてしまう危険性がやっぱりあるので、その点には気を付ける必要があります。

 

 

満額に近い過バライ金が戻ってくる

 

アイフルに対して任意交渉をするのは予想以上に困難を極めるので、特にあなた自身で駆け引きをする場合には、過バライ金の金額の10〜20%程度しか返金してもらえないことが大半のようです。

 

司法書士や弁護士に依頼することによって、はじめて任意交渉における和解の金額を30〜60%程度まで押し上げることが可能なのです。

 

↓自分の過バライ金がいくらあるのか知りたいならこちらでチェック↓

 

街角法律相談所

 

 

1件からでも少額の過バライ金請求での実績のある弁護士に依頼したいならこちらです↓

 

 

 

過バライ金請求の終了時期について検証

 

債務整理と申しますのは、ローン返済をするお金が底をついた時に助けになるものでした。そうは言っても、ここ最近の金利はグレーゾーンのものはないので、金利の差で生じる恩恵が享受しにくくなったのです。
「借金の相談をどこにすべきか」で悩む人もたくさんいると思います。その理由は、借金の相談結果は正直言って弁護士等の力量に左右されるからなのです。
債務整理をしますと、5年間はキャッシングが不可能になります。但し、私たちはキャッシングができなくたって、困り果てるようなことはないと思います。
任意整理をするとなりますと、原則的に弁護士が債務者の代理人となって交渉の場に出向きます。その為、初めの打ち合わせを終えれば交渉などの場に同席することもなく、お仕事にも支障をきたすことはありません。
自己破産をすることにすれば、自分名義の住まいであったり自家用車は手放さざるを得なくなります。しかしながら、賃貸住宅の方は自己破産をしたとしても現在暮らしている場所を変えなくてもよいので、暮らし自体はそれほど変わることはないでしょう。

借金が嵩み返済に行き詰ったら、弁護士に借金の相談をした方が良いでしょう。こんな状態になったら、たった一人で借金解決しようとしても、先ずもって無理だと断言します。
任意整理に踏み切ることになった場合、債務の件で話し合う相手といいますのは、債務者が好きに選んでよいことになっています。このような部分は、任意整理が個人再生あるいは自己破産とかなり異なっているところだと言えます。
債務整理は行わずに、「自力で借金を完済する」という人も見られます。それも理解できなくはないですが、借金返済に苦悩するようになった時が、債務整理に乗り出す時だと思われます。
任意整理というのは裁判所の力を借りることなく実施可能ですし、整理交渉する債権者も都合の良いように選定して良いとされています。しかしながら強制力がほとんどなく、債権者に合意してもらえないケースもあります。
債務整理を行なったためにキャッシングが不可能になってしまうのは、最初の数ヶ月は心配でしょう。ですが、キャッシングができないとしても、何ら影響がないことを認識するでしょう。

債務整理については、ローン返済等が不可能になった時に、仕方なく行なうものだったわけです。それが、最近では一層手軽に行なえるものに変わってしまったようです。
自分自身は自己破産しようとも、知っておいてほしいのは自己破産した人の保証人は、債権者から返済を強要されるということです。それがあるので、自己破産しかないと考えている人は、何を差し置いても保証人と相談する時間を取ることが重要になります。
債務整理は借金解決を為しえるための手段になりますが、減額交渉に臨む時は評価の高い弁護士が必要不可欠です。すなわち、債務整理が成功するか否かは弁護士の能力次第だということです。
借金が元での問題を解消するための方法が債務整理なのです。借金だらけの生活だと、心の内が年間を通して借金返済に支配された状態ですから、できるだけ早急に借金問題を取り除いてほしいと思います。
債務整理をしようとなると、一般的に弁護士などのプロフェショナルに頼みます。無論弁護士であればどんな人でも結構なんてことは決してなく、借金問題を専門としている弁護士をセレクトすることが重要です。

過バライ金請求のデメリットやリスクを詳しく知りたいならすぐに「借金減額診断シミュレーター」のプロの無料診断を!

消費者金融で払いすぎた過バライ金は本来、自分の手元にあるべきお金。スムーズに過バライ金を請求したいなら貴方に最適な弁護士を無料で診断してくれる「借金減額診断シミュレーター」がおススメです。

過バライ金の請求内容は借り入れをしている人によって条件が異なるために適切な対応をしてくれる弁護士が必要になります。

また安易に「過バライ金の請求」のやり取りをしてくれる弁護士を決めてしまうと余計な手数料を請求され、本来受け取れるべき請求金額よりも少なくなってしまう場合もあるのです。

大切な過バライ金の請求をきちんとした弁護士に依頼したいのであれば、「借金減額診断シミュレーター」の無料診断であなたに合った法律事務所を探すことです! 「借金減額診断シミュレーター」であなたに合った法律事務所に無料の相談を早くすることで9割以上の方が借金返済の苦しみから解放されているのです。

厳しい消費者金融会社からの取り立てに眠れない日々が続いているなら今すぐに「借金減額診断シミュレーター」で無料診断をして見ませんか?

「毎日借金の返済で眠れない」と後ろ向きな考えをしている間にも借金の金利は1分、1秒単位で膨らみ続けています。

どうしたらいいのか?」って一人悩んでいるあなたに「「借金減額診断シミュレーター」はあなたの悩みに真摯に相談に乗ってくれる事務所をわずか30秒で探してくれます。

自分の名前も住所も必要ありません。全国どこからでも受け付けています。

借金減額診断シミュレーター

街角法律相談所

◎借金減額診断シミュレーターを利用する方の基本条件
消費者金融借り入れ数 借入2社以上
借り入れ金額 借入金額総額100万円以上
相談料 無料
借金減額診断シミュレーターは、多数の消費者金融から100万円以上の借金をして中々返済が追い付かない方のために借金返済の一番良い方法をアドバイスをしてくれる弁護士事務所を探してくれるシミュレーションツールです。
あなたに合った弁護士事務所を「借金減額診断シミュレーター」で見つけたら一緒に借金返済の一番良い方法をアドバイスしてくれます。
借金は人によって金額や借り入れ件数が異なりますが、「借金減額診断シミュレーター」ではわずか5つの質問に答えるだけですぐに借金の減額方法や月々の返済額が無料でわかります。


そしてあなたにあった借金解決の一番のプロを無料で紹介してくれます。わざわざ自分で司法書士事務所や弁護士を探す必要がなく全国どこからでも24時間いつでも申し込めます。

借金返済で眠れないあなた、借金の金利は今こうしている間にも膨らみ続けてどうにもならなくなります。

大切な家族や会社で働き続けるためにも、今できることをすぐにしましょう!!
\借金解決なら「借金減額診断シミュレーター」!/
借金減額診断シミュレーターの公式サイトへ

借金減額診断シミュレーターの概要

借金減額診断シミュレーターは、現状のあなたの借金の状況の質問事項にあなたに合った借金の解決方法やいくら借金を減らせるかを算出してくれるシミュレーションツールです。 「借金減額診断シミュレーター」を使うことで以下のことが無料ですぐにわかります。
  • 借金が減る金額
  • 多数の消費者金融会社から過払い金があるのかの有無
  • あなたの借金状況にあった適切な相談先
  • 今後の借金の改善方法


借金減額診断シミュレーターが選ばれている3つの理由

名前や住所を記入しないで診断できる。

無料のシミュレーションとは言え、自分の名前や住所などの個人情報を入力するのは不安ですよね。

「借金減額診断シミュレーター」は自分の本名や住所を入力する必要がありませんので、安心して借金解決法がわかります。

全国、どこに住んでいてもネット上で借金減額診断ができる。

いざ自分の借金解決の弁護士事務所を探すにもどこにあるのか?自分の住んでいる地域に優れた弁護士がいるのか?など不安ですよね。

「借金減額診断シミュレーター」ならあなたがどこに住んでいても貴方に借金を解決してくれる優秀な弁護士を探してくれます。

24時間いつでも診断対応なので、誰にもバレない。

「借金減額診断シミュレーター」での一番メリットは24時間いつでも利用できることです。

家族や彼女に借金の相談をしたくない方にはおすすめです。

その他のメリット

多数の消費者金融会社から多額の借金をしている方は、現在の借金の減額方法と同時に過払い金の有無もわかります。

過払い金についてはテレビなどのメディアで宣伝しているので、ご存知の方も多いと思います。

過去に払いすぎた本来はあなたの手元にあるべきお金ですから「借金減額診断シミュレーター」で戻ってくるお金があれば、気持ちも楽になるでしょう。

借金の悩み解決したいならなら「借金減額診断シミュレーター」!!


申し込みは早い者勝ちです!!


30秒で借金の悩みスピード解決!!!!!



利用者が5分に1人の無料サービス

\30秒診断で自分の未来を変えたい方へ!/

↓↓借金の悩みから解放されたいなら!↓↓

街角法律相談所



正当な過バライ金をとり戻してくれる信頼できる法務事務所はアヴァンス法務事務所

あなたがもし消費者金融会社1社だけの借り入れか、100万円に満たない借金をしている方にでも親身に対応してくれる法律事務所を探してるならおすすめの全国対応の法務事務所があります。

信用できる法務事務所は「アヴァンス法務事務所」だけです。

悪徳なぼったぐりの法務事務所になると、本来送付されるべき「和解書」を依頼者に送付しない所もあります。「和解書」がないと実際に貸金業者といくらで和解したのかが不明です。依頼者は搾取されてかもしれない金額だけで納得するしかないのです。

「アヴァンス法務事務所」では、貸金業者との「和解書」を必ず送付するので自分が受け取れる過バライ金を知ることができるのです。しかも「アヴァンス法律事務所」は債務整理を得意とする法律事務所業界の中ではトップ水準の最安値の報酬のです。

初期費用が無料だけでなく着手金も無料。しかも過バライ金が発生せず、元金の減額になる方に該当する「減額報酬もアヴァンスだけは0円!!

こうした設定を行っている法務事務所は他にないため、同じ条件で10万円以上も成功報酬に差がでるのです。

最初の無料相談からの申込みで、激しい貸金業者からの厳しい取り立ても即、ストップするのです!

全国対応で年中無休!相談無料なので、弁護士への依頼は敷居が高いと思っている方でも安心して無料相談できます。

過バライ金の返金に法外な成功報酬を請求する事務所に要注意!

悪質な弁護士事務所にかかると無料相談、過バライ金請求の着手金が無料といいながら、返還された過バライ金に対する成功報酬が法外なケースもあるのです。過バライ金請求でネット上で実績と口コミ人気、評判も良い法律事務所は「アヴァンス法務事務所」でしょう。

過バライ金請求



過バライ金請求に関してアヴァンスは他の法務事務所に比較して「早急な対応」と「過バライ金請求金額に対する適正な成功報酬」が人気の秘密でしょう。

上記のように悪質な司法書士や弁護士によっては無料というキーワードで集客してさも安い手数料で過バライ金をとり戻してくれる業者と勘違いさせるところもあります。

実際に過バライ金が正当な金額を貸金業者に請求しないで適当なところで折り合ってしまう実力のない事務所や、本来かかることのないムダな費用を請求してくる法律事務所もあるのです。

アヴァンス法務事務所の強みは、過去に消費者金融会社に在籍していた「元社員」を採用していることです。

つまり自分が働いていた会社の内情に詳しくさらにキャッシング関連の情報に恐ろしく詳しいので、貸金業者とのやり取りはお手の物。実際に依頼者の借金状況でいくらくらい過バライ金が請求出来るのかを知り尽くしているのです。

アヴァンスは過バライ金請求に関しては現在、最大手の法務事務所でありながら報酬の面でも依頼者に感謝されるほど手軽な料金なんです。

過バライ金請求



通常、過バライ金請求に関しては有名な弁護士事務所では件数が多いか、借入金額が多くないと受けないケースが多いです。それは弁護士の先生も一件当たりの手続きでどれくらい報酬が得られるかということにこだわっているからです。過バライ金請求ならどこの法律事務所でも依頼できると思っていたら大間違いですよ!!

過バライ金がなかったと称して実は過バライ金を依頼した法律事務所の先生に搾取されているかもしれませんよ

キチンと過バライ金の請求までの流れもアヴァンスでは丁寧に説明してくれます。しかも無料で!!!

その説明を聞いたうえで納得したら過バライ金請求の手続きを依頼すればいいのではないでしょうか?

借金解決ならまずは無料相談から

\一人で悩まず未来を変えたいなら今すぐ!/

↓↓借金解決は専門の弁護士にお任せ!↓↓